Loading...

あの頃の米津玄師に帰ってきてほしいんだ。

最近有名な米津玄師ですが、人気も凄くありますよね。

けど最近私は聴かなくなってしまいました。

そんな米津玄師について書いていきたいと思います。

f:id:kabenoko:20171129005235j:plain

 

米津玄師のviviは衝撃的だったんだ

youtu.be

1stアルバムより。

曲もギターの独特なフレーズ、ボーカルのエフェクトで凄く不安定さから成り立つ曲。

だけど、全体を通してみると歌詞も含めて綺麗に聴こえる。

PVも癖があってなかなかなんだか惹きつけられる、この独特な世界観が良いですよね。

ちなみに2ndアルバムを素晴らしい作品となっております。

 

おや、米津玄師の様子が…?

youtu.be

この曲を聴いた時に違和感を感じる。

なんだこれ、凄いポップなってきたぞ…。

ギター弾かないの?これが今話題のロキノン系ってやつなの?

今までにあった米津玄師の曲聴ける、なにかモヤが掛かっているいたような曲から、モヤが晴れて晴天なってしまったような曲だ。

 

あれ、何処に行っているの…?

youtu.be

もう、これで限界を感じた。

私の知っている米津玄師ではない。

ただのイケメン二人のJ-POPソングにしか聴こえない。

菅田将暉とのコラボが悪い訳ではない。

曲が面白くないんだ。カラオケで中高、大学生が歌いそうな曲になってしまい、The J-POP Artistという感じになってしまった米津玄師を好きになれないんだ。

 

結局、米津玄師に何を求めていたのか?

1stアルバムの「vivi」にあった、なにかフィルターが掛かっているようで本当に人間が歌ってるのかと思える懐疑的な存在感、そしてMVやギターフレーズで感じられた不思議なメロディーを米津玄師求めていたのだろう。

それが人気を獲得していくに連れ、フィルターが取れてしまい、シンプルで綺麗な曲になっていくのが私は耐えられなくなってしまったのだ。

今までおいしいインドカレーを食べていて、久々にその店に行ったらCoco壱のような大衆受けのするカレー屋になってしまった。そんな気分だ。

ロックバンドがJ-POPシンガーになってしまったという違和感。

その違和感を払拭する事ができず、最近の米津玄師を聴く事が億劫になってしまった。

その変化後の音楽が好きな人は大多数だと思う。実際に以前の曲を比較して明らかに聴きやすいと思うし。

だけど、こんな風に変化を遂げた米津玄師ですが、新曲が出れば聞いているんだろうという自分がいる。あの頃のような衝撃的で魅力的な曲をまた作ってくれる事を信じて。

 

あの頃の米津玄師に帰ってきてほしいんだ。

打上花火

打上花火