Loading...

DYGLを聴くたびに海外バンドだと思うのは私だけなのか

以前に書いたHomecomingsの記事でもそうなんですが、結構日本人の歌う洋楽の歌詞って現地の海外県住む人より日本国内のリスナーからの方が批評をしてたりするイメージなんですよね。

私も日本人ですし、別に好き嫌いや批判をする事は別に良い事だとは思うのですが、そこで個人的に英語のうまいバンドってなんだろうって考えた時に出てきたバンドがDYGLな訳ですよ。

 

ブリティッシュ感強くない?

youtu.be

MV観てると歌ってるのは思いっきり日本人なんだけど、何処かで聴いたようなデジャブ感が凄まじい。

どこで聴いたんだろうって思い返してみるとArctic Monkeysに近いような気がする。

でもバンドサウンドはStrokesとかにも近い気がする。

こういうのが日本のバンドで作られるってなんか面白いですよね。

どうしたらこんなバンド組めるっていうんだい?テンポが早ければ盛り上がるって訳じゃないだよ‼︎じんわりとテンション上がる系の曲。

じんわり温まるゆたんぽみたいなバンド。

ちなみにこの動画コメントやらを観てみると「イングランド出身の音楽だと思った」との海外からのコメントがちらほら見かけられる訳ですよ。

訛りまでコピーしちゃうのかよ(笑)

逆に日本のバンドなのに訛りを身につけるっていう謎のスキルが気になる。

スピードラーニングとか普通の英語の教材では身につかないですからね。

「DYGL監修、これで貴方も話せる‼︎ブリティッシュイングリッシュ」

とかそんな感じの英語教材出たら買っちゃうわ。シンコーミュージックとかに頑張って欲しいわ。是非出版よろしくお願いします。

 

ライブも安定の英語力

youtu.be

以前にDYGLのライブを観たことがあるのですが、やっぱり安定の英語力。

AlexandrosがGlastonbury Fesのヘッドライナーに出演するのがバンドゴールっていう記事を昔どこかで読んだ記憶があるんだけど、個人的にはDYGLの方がGlastonbury Fesに出演できる道が近い印象。

というか出演したら面白そうというのが正直な印象。

あと音源だけ海外の人から聴いたらどうなんですかね、日本人が歌ってるって気づくのかな?

ちなみに歌詞の文法とかそこらへんはわからないので、感想とか印象とかは割愛しますね。

というか洋楽聴く時に歌詞を観る人って多いのかしら、今までで洋楽の歌詞を意識したのなんて多分10曲位の私はにはわかりませぬゆえ。

 

という訳で個人的に今気になっているDYGLの紹介記事でした。

 

それでは。

Say Goodbye to Memory Den

Say Goodbye to Memory Den

 

 

轟音、ノイズこそ正義なThe Joy Formidable.

轟音とかノイズって子供心くすぶられませんか?

しかもそれが美人な白人のお姉さんが体現をしていると相乗効果で音楽の良さも倍増ですよね。

そんなノイジーで轟音満載なバンドThe Joy Formidableの記事です。

 

The Joy Formidableとは

以前の記事でも少し書いたのですが、イギリスのスリーピースバンドです。

記事のタイトルでもある通り、轟音やらノイズやらでライブ動画からもその激しさが伝わって来るバンドですね。

代表曲は「Whirring」ですが、他の曲も良いので是非聴いていただきたい。

www.kabenoko.com

 

これぞ爆音、轟音

youtu.be

遊戯王の海馬社長が言っていた「粉砕!玉砕!大喝采!」というパワー溢れる名言を音楽表しました。

そんな感じの曲です。ファズっぽい歪み綺麗な声、そしてコーラスが聴いていて幸福感が味わますわ。

ちなみにそんなギターとか難しい事やっていない、おそらく楽器始めて3ヶ月とかコピーできる気がする。

楽器始める女子高生やら女子大学生やらコピーしてみると良い、恐らく大多数の人から引かれる可能性はあるけど一定のヤバい奴らから人気を勝ち取る事は出来ると思います。

けど、大丈夫。音楽なんてやってる人間だいたい頭のネジ1本とか2本外れてるから。

「この人から音楽取ったら本当に何が残るんだろう…」とか「音楽取ったらこの人ただのメンヘラやんけ…」っていう人が大多数だから本当そこらへん安心してほしいわ。

ただ、エフェクター代は結構かかる。恐らくバイク買える位の値段はかかる。

バイクは私たちは色んな所へ連れて行ってくれるのに、エフェクターは何処にも連れて行ってくれない。

ただ音が変わるだけ。

だけど、このエフェクターっていうやつがあれば最高に格好良くなる訳ですよ。

金こそが力‼︎圧倒的轟音‼︎

そんな感じです。またもや海馬社長っぽいセリフだけど、本当そんな感じです。

スマホゲーの課金システムもギターのエフェクター購入システムも大体同じようなもん。

 

アコースティックな感じも良いんですよ

youtu.be

これだけ、轟音やら爆音こそ最高と言っておいても、やっぱりメロディーとかはとっても重要。轟音へと向かう曲の流れも大事ですし。

一生MogwaiとMy Bloody Valentineしか聴けない人生とか辛すぎるじゃないですか。

そこらへんも踏まえてThe Joy Formidableは結構色んな曲をやっていたりします。

ちなみにKEXPの行われたアコースティックライブ動画は結構別のベクトルで上がる。

けど、やっぱり曲を聴いてる時のハッピーな感じは一緒だし、ギターボーカルのRitzyに恋い焦がれてしまう。

もっと日本もかわいい系だけではなく、こういう感じの格好良い系の女性ボーカルのバンドが流行ってほしいなあ。

轟音系女子っていつになったら来るんだい?

 

という訳でThe Joy Formidableみんな聴きましょう。

そんな記事でした。

 

それでは。

ザ・ビッグ・ロアー

ザ・ビッグ・ロアー