Loading...

日本のスリーピースバンドHalf Time Oldって何かに似ている気がする

できるだけ時代に取り残されないように手持ちのiPhoneに入っているGoogle Play Musicやらで新曲を流し聴きしている私ですが、Half Time Oldというバンド知りまして。

聴いていると何処かで聴いた事がある感覚になる。そんな今回は日本のスリーピースバンドHalf Time Oldについての記事です。

f:id:kabenoko:20180103224134j:plain

 

Half Time Oldとは

2011年に結成されたロックバンドでRO69JACK 14/15で優勝。

メンバーはFoZZtone.OASIS.ASIAN KUNG-FU GENERATIONが好きみたいです。

見た目から最近のバンドなのかと思ったのですが、意外とキャリアが長い事にビックリ。

 

Radwimps感があるんだこれ

youtu.be

ファンとか気を悪くてしまったらごめんなさい。けど、悪気がある訳ではなくて率直に最初聞き流していた時の感想がこれなんです。野田洋次郎が新たにバンド始めたのかと思ってしまった。特に初期のRadwimpsでリリースされた「RADWIMPS2~発展途上~」「RADWIMPS3~無人島に持っていき忘れた一枚~」のあたりを思い出してしまう。というかRADWIMPS2とRADWIMPS3ってもう11年前のアルバムとか時の流れに焦りを感じぜざるおえないんですが。

という訳でRADWIMPSと改めて聴き比べてみる事に。

youtu.be

うん、やはり改めて聴いてもやはり似てる。じゃあ何処が似てるのかというと声質が似てるんですよね。野田洋次郎系男子の声質。家系ラーメンのように野田洋次郎系というジャンルで暖簾分けできるレベルなんだけど、Hald Time Oldには本家野田洋次郎とはまた異なる邪気を取り払ったような純粋さと清純さが備わっているのでまた別の良い味が出ている。本家とは違って若干あっさりめの指向みたい。

 

テーブルのジャケットって人気なの?

因みにアルバムジャケットでも更に既視感を覚える。

f:id:kabenoko:20180103231046j:plain

ちなみにこれがHald Time Oldの「発見と疑問」というジャケットで

f:id:kabenoko:20180103231219j:plain

これがNulbarichというバンドの「Long Long Time Ago」というジャケットで

f:id:kabenoko:20180103231540j:plain

HUSKING BEEのベストアルバムのジャケットがこれ。

いざ実際に比較をすると違うのはわかったんですが、私のぼんやりとした記憶だと似てるんじゃないか?という気持になってしまったのです。申し訳ない。

けど共感してくれる人もいるのではないかと思いまして、一緒に共感しましょうよ。

 

それでもオリジナリティはあるよ

そんな感じでここまでHalf TIme Oldの批判的な記事のように思えるのですが、私としてはそういった気持ちはなくてですね、Half Time Oldにもオリジナリティはしっかりあると思うのです。というか似ている音楽なんて恐らく音楽評論家からしたらどのバンドでもあると思うし、意外と音楽ルーツって辿る似たような感じにもなるし現代においてあまりにも膨大の音楽が溢れている訳なのだから似ているという理由で嫌いになったり聴かないというのは少し違うと思う。なんだったら昔のRADWIMPSもBUMP OF CHICKENのパクリとか言われたし。

その似ているという部分に焦点を置くのではなくて、似ている中でも何処にオリジナリティがあるのか見出すのが聴いていて楽しいのではないかと思う訳ですよ。

ちなみに私はHald TIme OldにはRADWIMPSにない爽やかがオリジナリティだと思う訳です。というかパクリと似ているって意味違うからね‼︎

 

という訳でHalf Time Oldの記事でした。

 

それでは。

発見と疑問

発見と疑問