Loading...

利用しているGoogleアカウントから「不正なログインがブロックされました」のメッセージが、対応方法って何をしたら良いの?

先日利用しているGmailを確認していたところ、Googleから「不正なログインがブロックされました」とのメール届いてまして。

アクセス元がメールにも記載されているのですが、台湾からのアクセスと記載されていて、完全に心あたりなんかないものだから、正直焦る。

だけど、そんな不正ログインもGoogleがアクセスブロックをしてくれているみたい。流石のGoogle様。パソコン初心者にもGmailの利用を改めて薦めたくなりましたね。だけど、このメールを受信したからには再発を防ぐ為にも対策をしなくてはいけない訳でして。

そんなの、Googleが全てアクセスブロックしてくれるから平気だよ」家の鍵は常に開けっ放し状態です。みたいな考えは非常よくないので、対策方法を折角なのでこの記事でまとめようと思います。

 

f:id:kabenoko:20180416192356p:plain

 

とりあえずはGoogleの指示に従ってアカウントを保護する

f:id:kabenoko:20180416192529p:plain

今回はまずメッセージに記載されていた「アカウントの保護」からセキュリティ診断へと進み「パスワードの変更」と「再設定用の電話番号」「再設定用メールアドレス」を設定をしました。ここで注意したほうが良いなと思ったのはセキュリティ診断のページがフィッシングサイトになっていないかという所。心配だったらメールから経由してのアクセスではなく、Googleからアカウントページ、セキュリティ診断へとアクセスした方が良いかもしれません。

f:id:kabenoko:20180416193915p:plain

※アカウントページの設定のページ

ブロック検知のメールがスパムメールという可能性もありますからね。後は調べた所、送信元のメールアドレスが「no-reply@accounts.google.com」であればGoogleからのメールだという認識でも良いみたいです。

ちなみに余談ですが、再設定用の電話番号等は自分がパスワードを忘れてしまった時に利用できるので、設定をしておいて損はないと思います。(ショートメールで送られてきますので、携帯の電話番号を設定してください)

 

セキュリティソフトは導入しておいた方が良い

パスワードが抜き取られるというリスクを軽減する上でもセキュリティソフトは入れておいた良いです。個人的には無難にウイルスバスターで良いかなという印象。

最近の想定だとフィッシングサイトを誤って開いてしまった時に活躍してくれると思いますね。たまにMacを使っているから平気という人もいますけど、Macだからセキュリティ対策はしなくて良いという考えはやめた方が良いと思います。

パソコン自体がウイルス感染していないくても、Web上のアカウントデータを抜き取られるという可能性は多いにあります。ちなみにウイルスバスターの場合3台まで端末を守ってくれるので、スマホでショッピングされる方は折角なので、そちらにも入れた方が良いと思います。

 

アカウント毎にパスワードは変える

当たり前の事なんですが、これをやっている人は少ないと思います。という、実際に面倒なのは非常にわかります…。ただしやっておいた方が確実に良いです。ほとんどのWebサイトにおいて求められる情報はメールアドレスとパスワードになっているので、利用パスワードを一緒にしておくのは非常に危険です…。

後はメインアカウントとは別にサブアカウントを利用するという方法も良いかもしれませんね。

 

という事で、今回は自分の経験を踏まえて、Googleアカウントに不正アクセスが発生した場合の対応方法を書きました。この記事が参考になればと思います。

 

それでは。