楽器の始め方 -ギター編-

楽器の始め方 -ギター編-

この記事ではかれこれ10年近くギターを弾いている私が、今までの経験から最初にギターを始める上でオススメで、必要な物を書いていきたいと思います。

最初のギターって安いギターでも良いの?

よく楽器を始めようという人から質問を受けるのがこの話。

個人的な答えとしては3万円以内のギターでも全然良いと思います。

よく楽器屋なんかにいくと「最初のギターだからこそ高いギターを買ってモチベーションを上げた方が良いですよ‼︎」とかよく聴いたりしますが、普通に考えて挫折してしまった時の出費でか過ぎるでしょ。。。

楽器屋店員のセールストークに乗せられてますよ、お客さん。

かといって、とにかく安いギターでも良いんだ。と言われるとそんな事もないです。

安いギターってやっぱり安い理由だけあって弾きづらいですし音を正しく合わなかったりします。(楽器としてどうなのよ)

そういった所を考えると、最初のギターは大まかに考えて予算15,000円〜30,000円のあたりを考えてあげるのが良いかと思います。

中古の楽器の方がお得?

答えとしては、当然お得です。

ただ、最初の楽器として買うのはオススメできません。

中古の楽器でももちろん良いのはたくさんあるのは間違い無いのですが、その反面大きなパーツ等が摩耗しきっており欠陥が多いギターが世に出回っているのも事実です。

まだどの音が良いのか悪いのか、弾きやすいギターなのかがわからない時点で中古のギターを選ぶのはちょっと危険です。

実際に私の友人で中古のギターを買って弾かせてもらった所、明らかに一箇所致命的なデットスポット(というか音が尋常がない位詰まる)所があって、周りの人たちがいたたまれない気持ちになった事があります。。。

楽器屋も全て良い人が営業している訳ではないのです。

そんな事から初めてのギターは新品にしましょう‼︎

中古のギターは慣れてきてから買いましょう。

楽器屋の選び方

これ、個人的には本当に大事な所だと思っています。

もしも実際に楽器屋に行ってギターを買おうと思うなら、可能な限り何店か店を周ってみてください。

楽器屋によって、本当に対応は変わって来ます。

もちろん、店としては利益率の高いギターを売りたいという目的が根底あるのですが、(商売として当然の事なんだけどね)良い楽器屋の対応ってちゃんと予算を聞いてくれた上で要望にちゃんと応えてくれます。

一番は楽器をやっている友人や知人がいれば一緒に行った方が良いです。(その人が弦楽器やってる人じゃなくても全然平気だと思います)

誰かと行った方が気持ち的にもいくらか楽ですし、自分が好きでもない楽器を購入するように追い込まれた時に逃げ道として使う事も出来ると思います(笑)

それと、全く知らない状態でも頑張って店員に声を掛けてみましょう。

そういうお客さんって日頃沢山来ているから、鼻で笑ったりする事なんてありませんし、親切に教えてくれるはずです。

無知でいてくれた方が逆に向こうも色々と教えやすいはずです。

逆に間違っている知識をひけらかしてしまう事の方が恥ずかしい思いをする可能性があるので注意ですぞ‼︎

ちなみに良い楽器屋というのは最終的にフィーリングで決まったりします笑

私が嫌いな楽器屋が別の人にとっては行きつけだったりする。そんなもんです。

最初に使うおすすめのギター

恐らくネットで調べると山ほど情報が出てくるだろうから、不要かもしれないけど。

個人的には断然ストラトキャスタータイプがオススメです。

理由としては

1.オールマイティに使える

2.人気の形だけあって比較的安価で手に入る

3.スタンダートなギターだからこそ周りに浮く事があまりない

よく、最初はちょっと変わったギターがかっこよく見えたりして欲しくなったりするのですが、変わったギターってやっぱり音も少し変わっている。

よく言えば何処かが特化してよかったりするという意味なんだけど。

変わった形でオールマイティに使えるギターって20万以上というイメージ。

楽器を弾き始めたらやりたい曲のジャンルが変わったなんていう事もザラにあります。

そういった事から無難ではストラトキャスターを購入する事をオススメします。

おすすめのギターメーカー

そんなこんなで三万円以内、ストラトキャスタータイプ、新品という条件からオススメできる所としては

1.YAMAHA

2.Bacchus

3.Squire

 

是非、ギターを購入する際はこの記事を参考にしてみてくださいね。

また別の記事ではギターアクセサリーを書きたいと思います。

 

それでは。