MOS Excel 2016を2日の学習で取ったお話

MOS Excel 2016を2日の学習で取ったお話

タイトルの通り、私がMOS Excel 2016を2日で取ったお話です。

そもそもMOSって何?

ざっくり説明をするとMOSとは「Microsoft Office Specialist」の略称で、Microsoftより出ているOfficeソフトの基礎部分が使えますよ。というアピールに使える資格です。

今回は、今まで転職をした後もExcelソフトを使う機会があったので、折角だからチャレンジをしてみようと思い受験を決意しました。

MOS Excel 2013とMOS Excel 2016の違い

MOS 2013は、1つのファイルを完成させる「ファイル完成型」です。MOS 2010に比べ、より現実に近い状況で操作スキルを評価する試験に変わりました。
MOS 2016は、「マルチプロジェクト」という形式に変わります。MOS 2013の”より現実に近い操作”という特色を活かしつつ、より広範囲な操作スキルを問う形式に改善されました。マルチプロジェクトの「プロジェクト」は、操作を行うファイルを示します。

<マルチプロジェクトについて>
この例のように、新しいMOS 2016の試験形式「マルチプロジェクト」は、5個~7個の「小さなプロジェクト」で構成されます。ひとつのプロジェクトには4個~7個の「タスク」と呼ばれる問題が含まれており、プロジェクトごとに一つのファイルが開き、そのファイルに対して指示された操作を行います。各プロジェクトは互いに独立しているので、1番目のプロジェクトで行った操作が、2番目のプロジェクトに影響することはありません

MOS 2016 試験概要|MOS公式サイトより引用

ふむふむ、これに加えてMOS 2013ではコマンド名や関数名が明示されるのに対して、MOS 2016では明示されないのが大きな違いみたいです。

調べたりすると、MOS 2013の方がいくらか簡単、加えて今でも受験可能みたいなのですが、現状手に入るソフトも通常は2016年版になるのでそちら受けた方が学習もスムーズだと思いますし、最新版を取っておいた方がメリットも大きいと思いますので、折角なのでMOS 2016を受けましょう。

参考にした書籍とソフト 

 

合格する為にはこの一冊で問題ないはずです。

また、私のパソコンにOfficeソフトは入っていないので、安く済ませる為にOffice Solo 365のサブスクリプション版を購入し、インストールしました。

実際にした1日目の勉強方法と申し込みのタイミング

実際に書籍が届いた当日ですが、自分のパソコンが使える環境にいなかったので2周書籍に目を通してから試験の申し込み日を2日後に決めました。

書籍としてはとても大きくて難しいそうに思えるのですが、実際に書かれている情報量は似通っている部分も多い為、実際はそこまで難しくないです。

申し込みはこちらの随時試験から行いました。

 

 

2日目に行った勉強方法

さて、書籍に目を通して一日目が終わってしまったのですが、ここからが正念場です。

ここからテキストに付属していた、過去問題集をひたすら解いてました。

わからない所が出てきたら、回答の説明をよく読み理解、そしてまた問題を解く。

この繰り返しをひたすら行ってました。

ただ過去問題集と異なって使っていた大きな点としては、関数を使用する問題では関数を手入力するのではなく、必ず数式バーにある関数の挿入をクリックして関数を入れていました。

確実で、忘れてしまってもある程度は検索ができるので確実です。

それと、関数の中にまた関数を入れる問題等もあるのですが、その問題は捨ててました。

それ以外ただひたすらに過去問を解いて学習…。

試験当日

いざ試験当日、出てきた問題は殆ど過去問で学習した内容がでてきます。

落ち着いて思い出せば回答できない問題はほぼないと思います。

結果スコアは合格点700点の所を954点で無事に合格をしました。

ちなみに過去問を解いていた時の正解率は基本は70%〜80%だったので、まさかの本試験が一番スコアが良いというなんとも言えない気持ちなりました…。

試験を終えて

実際試験を終えてみて、二日で取れてしまうほどの難易度なのかと取得した意味を改めて考えてしまいましたが、ないよりはあった方が良い資格だと思います。

解くこれから就職活動する学生の方にはあっても損はしないと思います。

なにか資格取ろう思った時、是非一度チャレンジしてみては如何でしょうか?

それでは。