左利きにオススメをしたいマウス

左利きにオススメをしたいマウス

左利きの方でマウスの使用にストレスを感じていませんか?

ほとんどの多機能マウスってなぜか右利き用に販売されており、左利き用のマウスってないんですよね…。

私自身すごくストレスに感じていて、今までずっとワイヤレスの左右対象のシンプルなマウスを使っていたのですが、やっぱり多機能マウス使ってみたいという願望が…。

そんなこんなで左利きでもストレスなく使用できる左右対称のマウスをこの記事では紹介していきたいと思います。

答えはLogicoolにあった

Logicoolから出ているG300s.

これが現状価格としても機能性としても便利だと思い、購入しました。

今のところ、不満もなく非常に満足がいっています。

ストレスの要因であるサイドにボタンがない

私自身が経験した中で、一番多機能マウスを使用していてストレスに感じていたのがサイドにあるボタンの違和感と形状でした…。

しかし、このマウスに関心したのは機能割り当てをできるボタンが全部天板部分にある所なんです。

だからマウスを握っている感覚は従来のシンプルなマウスを変わらないですし、ボタンの配置も良く、押し間違いがないのが魅力です。

充実したボタン割り当て機能

数々のゲーミングマウスやキーボードを出しているだけあって、ボタン割り当てのユーティリティソフトは直感的に使う事ができます。

また、マウスのサイドが光る色を変えたりするのもLogicoolという感じがしますね。

特にボタン割り当ての機能では9個ものボタンにマクロを組む事ができるので(しかも簡単)、設定を終えた後にDTMで使用をしているのですが、便利過ぎてビックリですわ…。

また、Macにも勿論対応しているのも魅力的ですね。

オンボードメモリを搭載

なんとボタン割り当てで設定した内容マウスに保存する事ができ、通常使用しているパソコン以外にも使う時にも設定していた内容が引き継がれ即座に使用ができます。

パソコンを複数使用される等のハードに使用されるユーザーでも存分に満足感を得られると思います。

高い耐久性と保証、コストパフォーマンスの高さ

Logicoolは非常に耐久性の高いものが多く、長期間使用しても壊れるという事はあまり聞いた事がありません。

価格においては現在は¥3,000-を切っていて、コストパフォーマンスにも優れていて、大変お買い得です。

そして、尚且つ保証期間は2年。

この値段で2年も保証してくれるのであれば上等だと思います。

最後に

このマウスは有線タイプとなっているので、速度や安定性を求める方には本当ゲームにも使えるモデルなのだと改めて思いますね。

私と同様に左利きで同じストレスを感じていた方には本当にオススメできるマウスです。

個人的はゲームはしないので無線タイプがあればそっちの方が欲しいのですが、出ない限りは2年、もしくはそれ以上使って行きたくなるような満足のいくマウスですね。

 

それでは。