レーベル、事務所契約に騙されるな

レーベル、事務所契約に騙されるな

バンドをやって、いつの日か自分もインディーズレーベル契約をして最後はメジャーデビューをして売れて行くんだ‼︎

そういう方多くいらっしゃると思います。ただ、インディーズレーベル契約をする前にこの記事を是非一度読んで欲しい。

そのインディーズレーベル会社本当に大丈夫ですか?

はい、これが一番伝えたい所です。

皆さんが知らないだけでインディーズレーベル会社って山ほどあります、そして経験上詐欺のようなレーベル会社もたくさんあります。

しかし、それらの悪質な会社ってインターネットで調べてもあまり出てこないです。

理由としては少数のアーティストからお金を搾り取っているから。

しかも一度に大量のお金を取るのではなく、長期的に少額のお金を取ってくるので、被害の実態というのも非常に分かりづらいです。

だけど、実際にそういった事務所に所属している話をバンドをやっていたりすると聞く事はあります。

レーベルから声が掛かった‼︎これで僕もメジャーデビューへの第一歩だと思う前に、ちょっと考えて欲しい。

下手したらメジャーデビューどころか貴方の人生が破綻してしまうよ。

なぜレーベル契約をするのか

周りに自分が事務所に所属をしている事を自慢するためですか?

そうだとしたらその考えは改め直したほうが良いです。

本来のレーベルを契約をする上でのメリットとは

  • レコーディングを援助、もしくは無料でしてくれる
  • 良いイベントや広告を打ってくれる
  • 金銭面で機材等を援助してくれる
  • 流通を行ってくれる

こういった所にあると思うんですよ。

逆に実際に聞いた話ですと

  • レッスン代がかかる
  • レコーディングスタジオ提供どころか費用がかかる
  • 流通費用も実費

といった事務所はほぼやめた方が良いかと。

その事務所はあなたの音楽に投資するに値しないと認識されているのと思った方がいいですよ。

貴方の音楽がダメという訳ではないです。その事務所からしたら資源の一つと思われているだけ。

レッスン代がかかる位なら自分で尊敬している人にアプローチした方が良いです。

レコーディングも自分で探せば安く済ませる事もできます。

全国流通も自分で行えます。

悪質なレーベルはどのように見分けるのか

これはちょっと難しい所かもしれませんね。

詐欺ってどうやって見分けるの?って聞かれて明確に答えられる人ってそんなにいないと思うんですよ、そんな感じ。

だけど、上記にも書いたように自分に対してどのようなメリットが得られるのか、そこのインディーズレーベルに自分が知っているアーティストは所属しているのか等をホームページで調べた方が良いかもしれませんね。

ただ、一番に気にするべき所は自分にどのようなメリットが具体的にあるのかに焦点を置いてください。

自分でできる事を確認する

自主レーベルなんて言葉がある位に、自分自身でできる事プロモーション方法は非常に幅広くあります。セルフプロデュースという考えもあるのです。

レコーディング

DTMをすれば費用はクオリティによって上がりますが、一定の機材が揃えばコンスタントに音源を録音ができ、自分の思うように編集する事ができます。

レコーディングスタジオも良いと思います。

費用が高いと思ったら、よく出演しているライブハウスのブッキングや、共演者に聞いてみるのも良いでしょう。繋がりがあって紹介してくれる可能性も高いです。

共演者がDTMが出来てレコーディングやってくれるなんていう事もあります。

ジャケット作成について

自分で撮った写真を編集するのも良いですし、自分で書いたイラスト良いと思います。

ただ、デザインに自信がなかったらPixivやTwitterで好きなフォトグラファーやイラストレーターに直接頼むのも良いでしょう。

私は過去にジャケットは写真で行いましたが、イラストだとPixivの方が見つけやすいかと思います。

流通について

個人でもタワーレコードに流通の依頼を出すことはできます。

個人的にはコッチもオススメです。殆どの人気音楽配信のオンラインサービスで曲を販売できます。

人気Webマガジンのロケットニュースもやっていて、登録方法なんかはこの記事を参照にすると分かりやすいと思います。

CDをプレスする必要もなく、たった年間¥5,000-程でアルバムを、iTunes, Amazon Prime Music, Spotify, Apple musicへの配信やAmazonやiTunesに販売する事ができます。

もちろん、販売価格設定もでき、事務所を通す事もないので収益も多めに上げる事もできます。

プロモーションについて

一番はライブハウスで良いイベントに出て、多くのお客さんに知ってもらうのが地道ですが良いと思います。

他には、毎年行われている「RO JACK」や「出れんの!?サマソニ!?」に音源を送る方法もあります。

何もオーディションに優勝しなくても、音楽好きな多くのリスナーに聞かれるチャンスがあります。

もちろんそれ以外のオーディションに音源を送るのも良いと思います。

また、Youtubeに広告を出すという方法もできます。

これら記事を読む限りでは料金も比較的安価に済ませる事ができるようです。

MV作成については何処かで依頼するのも良いですし、ライブ映像を撮りためて、録音した音楽載せた自主作成も良いかもしれませんね。

それでもインディーズレーベル契約をする理由

やっぱり、良いインディーズレーベルになるとフェスに出れたり、そこに所属しているだけで聞いてくれるお客さんが相当増えます。

同じ事務所の憧れのバンドを共演したりする事もできます、音楽雑誌やMTV等メディア出演の可能性ありますし、もちろんメジャーデビューのきっかけにもなります。

最後に

改めて悪質なレーベルには入らないという事に警笛を鳴らしたいです。

それと、興味があるレーベルがすでにあるならばまずはそこに音源を送ってみるべきです。

相手の行動を待つのではなく、自分から行動を移す事が一番良い選択が悔いがなくできるはずです

それでは。