つまらないと理由だけで我慢してでも大学、専門学校を卒業するべき。

つまらないと理由だけで我慢してでも大学、専門学校を卒業するべき。

タイトルの通りです。

あくまで個人的な意見ですが、多少我慢してでも大学、専門学校は卒業するべきだと思いますね。

そんな記事です。

Fラン大学だから行ってる意味がないは間違ってる

学校に入った時に、こう思われる方も結構いらっしゃるみたいですね。

Fラン大学だから意味がないなんて事は正直ないです。

確かに就職活動をする際に足切りの要因1つとして挙げられるのも一つかもしれませんが。

それでも中退者より明らかに就業できる幅は明らかに広いです。

折角あなたがしてきた努力を自分で全て水の泡にするようなものです。

ちなみに、転職をする時には学歴はほとんど見られる事はありません。

どれだけ高学歴な大学行っていても、低学歴な大学に行っても転職となるとその差は一気に縮まるのです。

しかし、中退で就職となると一気に壁は高くなります。

その為、Fラン大学でも卒業するという意味はあるのです。

学校に行ってもつまらない…。

それは何がつまらないのかを考えてみてださい。

もしも友達ができず遊ぶいる人がいないのであれば、それは改善できます。

なにも学校は友達を作りに行く所ではありませんし、学校外で自分の趣味の合う友達を見つければ全然問題ないと思います。

だけど、どこで知り合えば良いのかわからない…。とかどうやって友達って作れるんだよ…。と思うのであれば、とりあえずアルバイトを始めてみるのも良いかもしれません。

アルバイトも本当に軽い気持ちで始めれば良いと思います、辛くて2,3日でやめてしまっとしても貴方の経歴に傷が付くわけではありません。

就職活動や始めての人と合う人に「私はアルバイト過去に2,3日でやめました‼︎」なんて話すことはないでしょう?

それくらいアルバイトなんて友達できるかな位の軽い気持ちで始めて良いのではないでしょうか。

授業が非常につまらないと感じるのであれば、自分が他に心の底からやりたい事があるのか、学校をやめて自分はなにをするのかもう一度考えてみてください。

他にやりたいことが見つかった。

これは場合によっては学校をやめても問題はないと思います。

しかし、そこで考えて欲しいのが何点かあります。

  • 別の専門学校に行きたい、本当はそっちの方が勉強をしたかった。

当たり前ですが、本当にそれで自分が悔いがない選択なのかを考えるべきです。

本当にそこに行きたくて、費用の面でも問題がないのであれば良いと思います。

しかし、その前にもっと多くの教授等と話しをしてみるのも良いかもしれませんし、行きたい学校についてリサーチを充分にする必要があります。

  • バンドでやっていきたい、新しいビジネスを始めていきたい

野心にあふれていて素晴らしいと思います。

ただ学校やめる必要はないと思いますね。

普通に休学をすれば良い話しではないでしょうか?

長期的に新しい事をチャレンジしたいと思っても失敗した時のリスクを考えて休学をするべきだと思います。

留年や休学もそうですが、就職をする際に正当な理由があればストレートに卒業できなくても企業は理解はしてくれます。(理解してくれない企業もあるのも事実ですが)

自分が何をしたくなったのかわからなくなってしまった時、休学をして国内、海外問わずバックパッカーをするのも良いかもしれませんね。

自由だからこそ、何かアクションを起こしましょう‼︎

中退しても生きてはいける、だから大丈夫

これだけ、学校を卒業するのは重要みたいな事を書いてきましたが、本当になにかしらの理由があれば中退をしても問題はないです。

実際に、就職の幅が狭まるだけであって、それでも就業できる所は日本全国でも山ほどあります。

私が学生の時も周りで卒業する前に知り合いのツテ等で就職した友人も結構多かった記憶があります。

高卒で就職している友人も結婚をして幸せに暮らしていたりもします。

結局の所、どの選択肢が正解なんていうのは当事者にしかわからない部分ではあるのですが、学校に入学した際に何十万、もしくは何百万という費用を支払っているのですから、その行動に自信があるのか、もしくはその価値があるのかを考えてみるのもいいのではないでしょうか?

あくまで個人の考えではありますが、この記事が自分の考えをする上で何かのきっかけになってくれれば幸いです。

それでは。