Youtubeで話題のうざい広告アプリ「Tik Tok」を入れてみた

Youtubeで話題のうざい広告アプリ「Tik Tok」を入れてみた

私暇な時にYoutubeなんかを結構観たりするんですけど、そんなYoutubeでうざい広告として話題になってるらしいTik Tokというアプリがあるんですよね。

なんか、あまりにも暇だったのでアプリをインストールしてみました。

そのアプリについての感想記事です。

Tik Tokとは

「Tik Tok」は若者を中心にするショートビデオコミュニティです。友達を作ったり、自分なりの個性ある動画を撮ったり、オリジナルサウンドを利用して色々なタイプの動画を作成することができます。自分の個性や、ダンス、演出など豊富なコンテンツをアップロードすることができます。今すぐビデオを投稿して、世界を驚かせましょう!

Tik Tokアプリ紹介ページより引用

書いてある通り、BGMに合わせて動画をとってショートムービーを完成させたのを投稿する事ができるショービデオコミュニティですね。

特に自撮りの動画をBGMに合わせたのがYoutubeで広告で流れているのがきっかけで、やや炎上ぎみに人気が出ているアプリですね。

なんでウザいのか

とにかくアプリを入れてみてくれ、話はそれからだ。

とか言いたいんですが、そんなのでスマホの容量圧迫したくねえ‼︎とかいう人も少なからず居ると思うので個人的なレビューを。

とりあえずね、この「Tik Tok」のアプリなんですけどね、動画を観たあとの着地点が見つからないんですよ。

とりあえずアプリを起動すると人気のショートムービーが流れてくるんですが、投稿者皆んなもれなく顔が近い。

スマホで観てるのにパーソナルスペースを打ち破る位の距離感。

それ位に近い。これ動画だよね?スマホに慣れていない田舎のお母ちゃんとビデオ通話してるんじゃないよね?

それ位に近い。どうすれば良いんだこの距離感。

大体こういったエンターテイメントのアプリって、面白いとか有益な情報なあるとかそういった理由をされると思うんだけど、自撮りというカテゴリで面白い動画撮るの難しくすぎない?

こんな自撮りというカテゴリで面白い動画を撮れるのなんてボストロールかトーテムポール位なもんだろ。

よって、面白い動画というよりかはかわいい子ちゃんやら美人さんやら載せる動画の方が需要があるのだけど、特に出会い系アプリでもないのでそれが目的なら近場の地下アイドルに全力のアプローチをするか大人しくDMMに課金をしてエロスな動画を観た方が早いです。

なぜTik Tokを受け入れる事ができなかったのか

もうある程度は書いた気持ちではあるんですが、最大の理由としてはユーザーの年齢層ですね。

とにかく殆どのユーザーが高校生から大学生のイメージ。

そんな中でそれ以降は動画投稿を許されるのは顔が整っているかよっぽど顔が面白い顔じゃないといけないという暗黙のルールでもあるかのような聖域と化している。

もうこの時点である種の一過性のアプリである感じがサービス終了をしたアプリ 「Vine」を思い出してしまう。

なんだか悲しいね。

だけど、もし貴方が高校生か大学生であるならば以外と面白いかもしれない。

もしくは一周回って70歳以上にも面白いかもしれない。孫の顔が至近距離で見れるよ‼︎

ここから連想して私が欲しいと思ったアプリ

Tik Tokを使用してみて、じゃあ何処を改善したら私自身で使用したくなるかとボンヤリ考えてみたところけっこう安易に答えがでました。

昔流行したロードムービーというアプリにSNS機能を付ければ良いんだよ‼︎

たぶんこれに尽きると思う。

 

Slidestory

Slidestory

nanameue, Inc.posted withアプリーチ