MASS OF THE FERMENTING DREGSが帰っている事に皆んな気づいてる?

MASS OF THE FERMENTING DREGSが帰っている事に皆んな気づいてる?

昔、BECKというバンド漫画が好きで、その中で「まるで地響きの鳴るようなベースだ…‼︎」みたいない描写があったと思うんですけど、それを現実に描いたようなサウンドってMASS OF THE FERMENTING DREGSに有ると思うんですよね。

そんなイカすバンド、MASS OF THE FERMENTING DREGSこと通称:マスドレの紹介記事です。

MASS OF THE FERMENTING DREGSとは

2007年にフジロックフェスティバルのルーキー・ア・コーゴーに出演して以来約3枚をアルバムをリリース。

日本のオルタナティブロックを代表する日本のバンドです。

2012年活動休止をしましたが、2015年に活動を再開しております。

最近だとHi-STANDARDが活動再開をして、当時パンクキッズだった人たちが喜んでおりますが、マスドレの活動再開もそれくらいやべえ。っていう位の個人的にはオススメしたいバンドなのでございますゆえ。

ファーストメジャーアルバム「MASS OF THE FERMENTING DREGS」

セルフタイトルのアルバムって死角がないの?

ジャケットも最高だし収録曲も最高。

当時は最初に聴いた時はイマイチハマらなくて如何なものかと思っていたけど、次第に聴くごとに曲の良さに気づいていく。

スルメ感があるんですよ。ラーメン二郎初めて行った時さ、あまりにも味が濃くて「二度目はないかな…。」とか思っちゃうんだけど、気づいてたらハマってた。

みたいな感じ。

ゴリゴリの音楽でもういいかな、とか思ってるのに気づいてたら聴いてる。

そんなアルバム。

ちなみにオススメの曲はハイライトという曲です。

2ndアルバム「ワールドイズユアーズ」

そんなマスドレが次にリリースしたアルバム「ワールドイズユアーズ」も安定の良曲たくさんのアルバム。

リード曲にあたるワールドイズユアーズは特に最高だし、イントロのギターが謎。

イントロお祭りかよ、わちゃわちゃしてるなあ(良い意味で)という感じの曲。

ちなみに昔初音ミクの曲でワールドイズマインって曲あったけど、なんか会話が成り立ちそうな感じですよね。

World is mine!(初音ミク)→World is yours!(マスドレ)→Yes‼︎(スーパーカー)

曲名だけで会話成立してしまう。

まあ、そんな事はおいてそんなグングンに人気が出ていたマスドレですが、2010年にギターが病気の治療で脱退し、ドラムも脱退したりと活動休止の一途へ…。

ちなみにマスドレが活動休止の際にホームページで公開をした音源「たんたんたん」

この曲を聴いた時の虚無感ったらありゃしないよ…。

お別れ感が凄いよ…。

「ねえ、別れたっくないよおおお‼︎」と別れを告げられてガンガンに泣きじゃくる、30代超えた女性の気持ちがちょっぴりわかるよ。

活動休止後

そんな事で、活動休止をしていたマスドレですが、ベースボーカルの宮本菜津子は精力的にソロとしても活動しておりました。

アコースティックの弾き語りでマスドレ時代の曲やったり、新曲をやっていたり。

そんな中でも Qomolangma Tomatoのライブで歌う宮本菜津子は圧巻だし、動画の説明欄に書かれてる通り本当に多幸感溢れるライブというのが伝わってくる。

皆んな幸せさせちゃうのかよ、こんな事できるのってこのコラボかアンパン位なもんだろ。

マスドレが帰ってきたぞ‼︎

そんなMASS OF THE FERMENTING DREGSはとうとう2015年の年末に活動再開を発表。

翌年ではインディーズバンドの登竜門の一つとも言える「Next Music From Tokyo.」に参加。

ライブ動画を見てもらえればわかるけど、圧巻の一言ですね。

お祭りかよ。

だけど、リンク先のYoutubeにある「dickheads」ってコメントには笑っちゃう。

新曲「スローモーションリプレイ」

それからリリースされた新曲「スローモーションリプレイ」

幸せなMV.本当に帰ってきたのだど改めて思う。

あと曲名が個人的に好き。

というか改めて書くけどマスドレが好きなのだ。

初期の頃とはまた曲の雰囲気は違うけど、それでもあのベースのゴリゴリ感はやっぱりマスドレだし、宮本菜津子の声がそこにはある。

そんな感じでこれからもマスドレを見守っていきたいし、昔活動休止するまでのマスドレを知っていたという人もこれをきっかけに再度聴いてみませんか?

っていう事を伝えたいのです。

それでは。