新しい洋楽の発掘の仕方、どうすればまだ知らない洋楽を聴けるのか

新しい洋楽の発掘の仕方、どうすればまだ知らない洋楽を聴けるのか

いまやYoutubeやSoundcloud等のインターネットのサービスで昔と比べて洋楽を発掘しやすくなってきましたよね。

だけど、それでも自分の知らないバンドの音楽を探すのってなかなか大変だと思うんですよ。(ディグるっていうのか?)

しかも洋楽となると邦楽以上になかなか探すの難しかったりする。

という事でこの記事では私が実際にしている洋楽の探し方を書きたいと思います。

好きなアーティストのルーツから探す

結構これをされている方は多いと思います。

例えば私の場合、ASIAN KUNG-FU GENERATIONが好きなのですが、そこからWikipediaとかメンバーのブログ、インタビュー等から「OASIS」「Weezer」「Number Girl」が好きな事がわかりますね。

そこから知る事もできますし、他にアジカンが行っているフェスで「NANO MUGEN Fes」というコンピレーションから「Nada Surf」、「Gregory and the hawk」といったバンドを発掘する事もできましたね。

ゴッチがThe Rentalsという洋楽バンドで歌っている曲なんかもあります。

WEBサイト、SNSから探す

OTOTOYやロッキングオンでは多くの情報が日々更新されています。

しかもアーティストのインタビューなんかもやっていたりするので、そのアーティストの色んなこと知ることができます。

Twitter等SNSサイトでも好きなアーティストのフォローから探すこともできますし、そのアーティストがオススメの曲等をツイートしてくれる場合もありますので発見できる場合があります。

フェスやライブイベントから探す

例えば海外の大型フェスだと、SXSWやGlastonbury Fes等があります。

そのホームページから出演するアーティストを調べたりすると、日本では無名のアーティストがどんどん見つかります。

しかもフェスに出演する位のアーティストだから結構外れもなく好きなアーティストも見つかると思います。

個人的に沢山見つかったりするので結構オススメです。

レーベルから探す

好きなアーティストが所属しているレーベルから探すのも同じ系統のジャンルが見つかりすいです。

例えば私が好きなLali Punaという好きなアーティストが居るのですが、所属しているレーベルがMORR MUSICという所で同じジャンルの音楽がやっぱり見つかったりします。

他にはXL Recordingsなんかもインディーレーベルとしては有名ですね。

デメリットとしてインディーレーベルになったりすると音源が手に入り辛かったりしますが、レーベルを辿ってみるのも良いでしょう。

Lali PunaのFaking the Booksという曲、よかったら聴いてみてください。

この曲が良いと思ったらMorr Musicで同じ系統の音楽が見つかりますよ‼︎

Youtubeで探す

Youtubeのチャンネルなんかもまとまって洋楽を探す機会があります。

有名な所だと、KEXPチャンネルなんかがオススメです。

実際にライブ動画を投稿していますし、メジャー所からマイナーなバンドまで本当に幅広く出演しています。

それとYoutubeで最大のメリットはそのまま曲をすぐに聴ける所ですね。

KEXPチャンネルよりThe Joy Fomidableのライブ動画、それ以外にも様々なジャンルのライブ映像が投稿されています。そして更新頻度も高い。

書籍から探す

新鮮な情報とは少し離れてしまいますが、やはり音楽系ライターの方が書いている書籍になると本当に色んな音楽を手早く知ることができますね。

新しい音楽を手早く聴きたいと思ったら、アナログだけどやっぱり書籍も良いと思います。

ちなみにオススメはこの2冊、今でもたまに読み返す。

この書籍でしか読めないアーティストのインタビュー記事なんかもあったりして面白いですよ。

本当に良い書籍。

音楽聴き放題サービスから探す

最近だとAmazon MusicやSpotify. Apple Music.Google play music等音楽聴き放題のサービスが沢山あります。

私の場合はGoogle Play Musicに加入しているので、そこから関連音楽や新しくリリースされた曲から探す場合もありますね。

ただ、関連音楽に関しては比較的メジャーな所しか出てこないので、深く発掘するのは少し難しいかもしれません。

まとめ

あくまでこの記事で書いた内容は私自身が実際行ってる方法なだけであって、他にも色んな音楽を発掘する方法はまだまだあると思います。

しかし、この記事で新たな音楽を知ることができればと思います。

便利になったインターネットだからこそ、もっと便利色んなアーティストを見つけていきましょう。

それでは。