ZenFone4 Maxが低価格ハイスペックを実現した

ZenFone4 Maxが低価格ハイスペックを実現した

ASUSから発売された、ZeonFone4 MAXが低価格でハイスペックで素晴らしい。

スマートフォンの端末代にそんなに料金をかけたくないという方はZenFone4 MAXをオススメしたいですね。

そんなZenfone 4 MAXの紹介記事です。

ZenFone 4 MAXの何が凄いのか

ASUSがスマートフォン業界への巻き返しを狙うかのようなこちらのスマートフォン、ZenFone 4 MAXは本当に素晴らしい機種だと思います。

具体的に何が凄いのかというと

・DSDS+MicroSD対応

・32日間連続通話時間対応の大容量バッテリー

・1300万画素とワイドレンズ搭載

・メモリ3GB

・CPUはSnap Dragon 430搭載(オクタコア)

・au, Y!mobile VOLTE対応

・Android 7.1.1対応

となっているんです。

そして価格は3万円内を切っています。安い‼︎凄いぞASUS.

個人的にこの機種の特に凄いと思う所はDSDS+MicroSD対応、大容量バッテリーですかね。

DSDSによてSIMカード2枚同時に使用する事ができます。

例えば

通話:Y!-mobile SIM

データ通信:BIGLOBE mobile

という使い方で書くSIM会社の良い取りをする事できるんです。

しかも別途Micro SDも使用ができる。

次にこの大容量バッテリー、おそらくメーカーの情報とは異なりもっと体感では減ると思いますが、調べてみるとそれでもバッテリーはやはり高評価ですね。

しかもこのスマートフォンリバースチャージという機能でモバイルバッテリーとしても使えます。

テザリングやモバイルバッテリー用として購入しても良いかもしれません。

というかモバイルバッテリー持ち運びしなくても平気というのは本当にありがたい。

カメラがワイドレンズ搭載というのも面白いですね。

ワイドレンズって使ってみないとわからないですけど、実際に使ってみると凄い便利ですよ、集合写真とか狭い場所の撮影に本当に向いている機能ですし。

CPUについてはミドルレンジ仕様なので通常使用する分にはなんら問題はないと思います、本当に高負荷なゲームじゃない限りプレイできるかと。

あとVoLTE対応(今後バージョンアップで使用できる)っていうのは特定のユーザーには結構恩恵のある機能だと思いますね。

ちなみにVoLTE機能ってあまり知られていないんですが、従来の携帯の電話回線と異なりより高音質での会話を可能としてくれる機能です。

カラーバリエーションもゴールド、ピンク、ブラックの3色あるので、好みで選べるのも良いです。

最後に

ZenFone 4 Maxは良い機種だと思いますね。

なによりこの性能で3万円切っているのでサブ機としてもメイン機としても使えるのが良いですね。

ちなみに私がオススメしているBIGLOBEmobileでも端末セットで申し込みで月額¥1,270-から利用できるみたいです。

データ通信SIMを使用して、メディアプレイヤーやモバイルバッテリー、モバイルルーターとして使うのも良いかもしれませんね。

この記事が参考になればと思います。

それでは。