インディーバンド、Ayutthayaはオルタナのムーブメントをまた引き起こしてくれるのか

インディーバンド、Ayutthayaはオルタナのムーブメントをまた引き起こしてくれるのか

最近、なかなか忙しくて気づいたら前回の記事から大分日が経っている事に気付きました。

けど、別にブログが仕事な訳でもないのでまあこれからもゆるゆると更新できたら良いなと思っています。

そんな最近ですがやっと聴きたかったAyutthayaのアルバム「Good Morning」が期待通りの作品でしたので、Ayutthayaの紹介含めのオススメの曲等をこの記事で紹介したいと思います。

Ayutthayaとは

2015年に結成されたインディーズバンド、マイクロコズムの太田美音、nemnemの右田眞、deid/Veltpunchのアラカワシ、Skillkillsのビートさとし(2017年脱退)というインディー界隈で知る人ぞ知るメンバーを集めたある種のインディースーパーグループのようなバンドです。

オルタナのリバイバルムーブメントをAyutthayaに期待してしまう。

そんな豪華メンバーで結成されたAyutthayaですが、最初にリリースされた「海岸線」と「グレープフルーツ」は特に至高の曲な訳ですよ。

変拍子なのに気持ちよく聴こえる。アウトロのギターも格好良いし、ベースラインもなぜこんなフレーズが出てくるのかっていう位の不思議なラインだけど、曲にマッチしている。

なぜ、こうも格好良いのか。ちなみに「グレープフルーツ」は曲調はまた異なって大人しめの曲になるんですが、それはそれで太田美音のボーカルの良さが際立って聴こえてくる。

Ayutthayaのアルバム「Good Morning」は10回以上聴いた方が良い

そんなAyutthayaよりリリースされたアルバム「Good Morning」は非常に面白いアルバムに仕上がっている。

明るい曲調や煌びやかな音楽が流行っているの私としては最近の音楽シーンでよく見受けられるというのが印象なんですが、Ayutthayaはそういった所に発信しているのではなくて、あくまでメンバーそれぞれが信じている音楽を発信をしているように思えてくれる。

Ayutthayaがオリコンチャートで1位になるとは思えないのだが、私のような一部のリスナーの心をしっかりと掴んでくる音楽をやっている。

ちなみにYoutubeに載っている「GUM」も特にパンチのある曲でもなくて、曲も派手ではないが、何回も聴いているとだんだん曲の良さが伝わって来る。

というよりも「Good Morning」のアルバム自体も何回も聴いていると曲の良さが伝わって来るスルメアルバムという印象。

というか最近スルメアルバムって言葉聞かないですけど、もはや死語なんですかね…。

そんなAyutthayaですが、ドラムのビートさとしが脱退してしまいましたが、それでもライブ活動を行っており対バンも毎回豪華です。

オルタナ系の曲って最近はあまり聴かれないかもしれないですが、Ayutthayaを聴いて新たなオルタナティブロックの良さが伝わり、リバイバルムーブメントが来て欲しいと思ってしまうのです。

というわけでAyutthayaについての記事でした。

それでは。