Macの文章変換精度を向上させるGoogle日本語入力をインストールしてみた。

Macの文章変換精度を向上させるGoogle日本語入力をインストールしてみた。

Macってデザイン性も良いですし、音楽作成や映画作成、写真編集等のクリエイターには向いているパソコンだとここ数年使っていて改めて思います。

そんなMacですが、明らかにWindowsと比較していて劣っていると感じるのが漢字変換な訳ですよ。

正直使えないことはないんですが、ライターや物書きをするという方なら不満が出ると思いますね。漢字変換精度もアメリカから来ました感が凄いんですよ。

ATOK,GoogleのIMEソフトという選択肢

という訳でこの漢字変換をなんとかできないものかと考えていたのですが、真っ先に出てきたのがATOKの購入。

文書入力、変換精度向上といえばATOKという位に一部の人には知られているソフトです。ATOKを導入している企業も比較的多いと思います。

 

しかし、このATOKなんですが、なかなかのお値段します。この記事を書いている段階で大体7千円位。

ライター業をしている方であったり、文書をよく入力するという方であれば購入している方がであれば多い価格相応の満足度を得られるのですが、7千円分の不満が現在あるのかというと非常に微妙なライン。

という訳で次に考えとして出てきた、無料で利用がGoogleからリリースされているGoogle日本語入力をインストールしてみる事に。

Google日本語入力で変換精度が向上するのか

というわけで早速Google日本語入力を私の所有しているMacbook Airにインストールしてみました。

 

 

ダウンロード後はインストーラーを起動し、表示される手順通りに動かしていけば問題ないかと。

という事で無事インストール完了。

 

ちなみにIMEの変更をする際は文書入力の画面で右上にある文字の部分をクリックすれば変更できます。

というわけでGoogle日本語入力をインストールしてみたのですが、標準のIMEと比較をすると若干ですが予測変換の部分においては向上しているかな?という印象ですね。

予測変換の表示スピードも早いのでストレスもなく今の所は使用出来ていて、若干ですが文書入力も早くできているようにも思えます。

Google日本語入力は特に料金もかからないですし、パソコンに負担もほとんどかからないので、実際にMacユーザーの方で文書入力にストレスを感じたり、不満があるという方は入れ見ても損はないと思います。

もう少し使ってみて、新たにわかった事などがあればまた後日レビューしていきたいと思います。

ということでMacで使用できるIMEソフトの紹介記事でした。

それでは。