Moto G5S, G5S Plusはオススメスマホなのか。スペックと価格から考えてみる。

Moto G5S, G5S Plusはオススメスマホなのか。スペックと価格から考えてみる。

 

携帯業界の老舗、モトローラから2017年秋ごろより発売されているSIMスマートフォンMoto G5SとMoto G5s Plus.

今回はこの2機種の比較、スペックと価格の面からオススメができるスマートフォンなのかを紹介したいと思います。

Moto G5Sのスペックと価格、特徴について

・急速充電対応(15分充電で5時間駆動可能)

・メモリ3GB

・画面サイズ5.2インチ(解像度 1920×1080)

・本体ストレージ 32GB

・DSDS対応

・FullHD録画対応

・価格は3万円以内

ミドルレンジのスマートフォンとしては以前に記事で紹介しているZenFone4 MAXやMate10 lite等が比較として挙げられるのですが、バランス面で考えると非常に優秀な端末だと思います。Mate10より値段を抑えたいけど液晶は綺麗な方が良い、高画質の3Dゲームをする訳ではないけど不満なく使いたいという方にはオススメのスマートフォンですね。

また、モトローラはピュアアンドロイドOSとなっているらしく、メーカー付属のアプリが煩わしいという方にも魅力的ですね。

 

・急速充電対応(15分充電で6時間駆動可能)

・メモリ4GB

・画面サイズ5.5インチ(1920×1080)

・本体ストレージ32GB

・DSDS対応

・デュアルレンズ対応(背景ぼかしが可能)

・4K動画撮影可能

・価格は3万5千前後

Moto G5Sと比較をするとPlusの名の通り、性能としては向上しています。

特に性能が向上している点としては、メモリが4GB、画面サイズが5.2インチから5.5インチにサイズアップ、デュアルレンズ、4K動画撮影可能という部分がG5S Plusで向上している機能です。

この価格帯でデュアルレンズ搭載はまだ多くは出ていない事から、人気のスマートフォンである事が伺えますね。

 

Moto G5SとMoto G5S Plusを比較してどちらがオススメなのか?

ここが一番気になるところだと思いますが、個人的な考えとしてはMoto G5S Plusの方が断然オススメです。

価格が五千円の差でデュアルレンズ、4K動画撮影可能という部分は大きなアドバンテージです。またCPUも純粋に向上しているSnapdragon 625を搭載をしている事を考えると5千円の差とは思えないほどお得だと思います。

サブ機として使用をしたいのであれば、Moto G5Sの選択肢も全然良いと思いますが、それほど使用しないのであれば以前にも記事で紹介しているZenfone4 MAXでも良いかと思います。

 

 

逆にMoto G5S Plusよりももう少し予算上げるを事が出来るのであればMate10 liteも良いかと思いますね。Mate10 liteの方になるとフレームレスであり、より液晶のドット数が増えてくるので動画再生等される方にオススメです。

 

 

という訳で今回はMoto G5SとG5S Plusについての記事でした。

それでは。