JBLのBluetoothイヤホンT110BT使用してみてわかった、良い点と悪い点をレビュー

JBLのBluetoothイヤホンT110BT使用してみてわかった、良い点と悪い点をレビュー

先日Blutoothイヤホンについての記事でも触れましたがJBLのT110BTを購入しました。

購入して1週間程経過したので今回は使用してわかった、個人的に良い点と悪い点をレビューしていきたいと思います。

 

 

 JBL T110BTを使用してみてわかった良い点

まずはT110BTを使用してわかった良いところを書いていきたいと思います。

個人的に良いと思った所としては

・値段以上の音質

・充電スピードが速い

・耳にしっかりとフィットする

・操作がシンプルでわかりやすい

といった感じですね。

今回3,000円代のBlutoothイヤホンという事で音質はJBLといえど大分心配していた部分なのですが、実際に使用してみて音楽を聴いてみると音質に関しては問題ありませんでした。

けっして高い1万円台のイヤホンのように良い音質ではないですが、値段相応かそれ以上の価格帯の音質といわれても違和感はないかなという位の音質です。

それと、充電スピードが速いのは以外と便利だと思いましたね。体感としては30分程の充電で2時間位再生できるかなという印象。

充電をし忘れてしまったという時にモバイルバッテリーでも比較的充電すればすぐに使えるという所は魅力です。

フィット感は人によって変わってくると思いますが個人的にはしっかりとフィットしますね。激しい運動をしてもイヤホンが取れるという事はないと思いますね。

操作性についてはボタンは大きく3つと非常にシンプルなので、わかりやすくで押し間違える事もないです。

 JBL T110BTを使用してみてわかった悪い点

次にT110BTを使用して不満に思った点についてですが

・イヤホンのシェル部分についているマグネットが弱い

・若干チープに見えるデザイン

・最大音量が小さい

といった所がもう少し改善してほしかったなと思いましたね。

商品の説明でもマグネットがついている事でイヤホンコードが絡まる事なく収納できるといったように書いてあるのですが、実際に使ってみるとマグネットが弱いのであまりマグネットが付いていて便利だったという感じはないです。個人的には以前に購入した中華イヤホンのマグネット位の強さが欲しかったですね。

 

デザインは趣向性の問題もあると思うのですが、リモートする部分などはプラスチックで出来ているので触ってみると若干チープかなという印象です。今回購入したカラーはブルーなのですが、よく考えればこのチープな感じを含めてポップなデザインに仕上げてるのかなと思っています。デザイン面では結構好き嫌いが使用される方で分かれそうですね。

最後に一番の不満が音量の部分ですね。普通に電車や街で聞く分には問題音量ですが、最大音量がもう少し大きければもっと楽しめるな…。という感じです。

結構音量大きくして出先でも周りの音が聞こえない位に集中して音楽を聞きたいという方には不満だと思いますね。よく言えば、耳に負担がかからず良いのかもしれませんが。

JBL T110BTはオススメのBluetoothイヤホンなのか

使用してみた個人的な感想としてはオススメできますね。ただし3,000円台という価格位購入できるBluetoothイヤホンとしてです。

当たり前の事なんですけど、これがもし10,000円だとしたら他にもっと良いBluetoothイヤホンはあるかなと思います。なので価格込みで良いイヤホンという印象ですね。

この価格なので壊れてしまってもそこまで精神的にダメージが大きくないのもすごく良いです。

初めてのBluetoothイヤホンで費用はあまりかけたくないけど失敗はしたくない、頻繁に外に持って行ったりしてハードにイヤホンを使用されるという方にはオススメですね。

という事でJBL T110BTについてのレビュー記事でした。これからBluetoothイヤホンを購入検討されている方の参考になればと思います。

それでは。