くるりの「その線は水平線」を聴いてやはりくるりは変わらないのだと思った

くるりの「その線は水平線」を聴いてやはりくるりは変わらないのだと思った

くるりの岸田繁は天才っていう事で良いよね?

といえば、この記事はそこでほとんどの部分が終わりなのですが、そんなわかりきった事をなぜ今更書くのかというと、それはくるりの新曲「その線は水平線」が良かったからである訳でして。

という事でくるりの新曲「その線は水平線」についての記事です。

初期に回帰したような曲の雰囲気

くるりの初期の名曲「ばらの花」やスローテンポなんだけど、曲の良さがじわじわと伝わってくる。

けだるい感じがとても良い感じです。これから春になるけど、春になったら外を歩きながら聴いていたくなる感じの曲ですよ。

ちなみにトランペットのファンファンの存在を若干忘れそうになりますが、ちゃんと曲聴いていればファンファンもいますよ。

ちなみにYoutubeのコメント欄にひっそりと術ノ穴が書き込んでいるのが意外性があって面白い。

とりあえず、昔のくるりの楽曲が好きだったという人であれば、この曲は好きになれると思うんですよ。是非聴いてみる事をオススメしたいですね。

MVの監督や出演者について

ちなみにこの映像を監督している遠藤薫という方は海街Diaryや海よりもまだ深くてといった作品で助監督を担当していたらしい。なんだ、海が好きなのかこの監督は。

そして出演のSUMIREという方は女優でなんと父親が浅野忠信、母がCHARAの間で生まれた二世タレントですね。CHARAの「Honey」というアルバムジャケットでもその姿が見れるみたいです。という両親がCHARAと浅野忠信って凄いな。

という事で「その線は水平線」は曲も良いのですが、MVの映像作品としても素晴らしい仕上がりになっているわけでして。再三書いておりますが、再生をしていればその良さがわかると思いたいですね。

カップリングで収録されているその線は水平線 Ver.2は更にかっこいい

実はこの曲ってVer.2なるものが収録されていまして、そちらはまた別の良さが滲みでているんですよ。実は個人的にはVer.2の方が好きといっても良いくらいで、Ver.2はオリジナルの楽曲よりももっとオルタナとかグランジ感じが出ている感じの曲となっています。

もっと歪みもジャリジャリとしてしていてノイズ乗ってる感じがたまらない。

なので、その線は水平線を聴いてイマイチ好きになれなかった方は是非Ver.2も聴いてみて欲しい。同じ曲ではあるけど大分雰囲気が違うのでVer.2の方が好きっていう方も大分いると思います。

という訳でくるりの新曲「その線は水平線」についての記事でした。

それでは。