Youtubeで話題のASMRってジャンルって知ってます?

Youtubeで話題のASMRってジャンルって知ってます?

将来の夢はユーチューバーになりたいという子供を見ると、如何にYoutubeがキッズ層に人気のコンテンツかが伺い知れると思うのですが、そんなYoutubeでもちょっぴりアダルトななコンテンツがありまして。これは子供にも見せたくないわ…。という一つのジャンルASMRについて今回は触れていきたいと思います。

ASMRとはなんなのか

どうやらASMRとはAutonomous Sensory Meridian Response.の略称で聴覚や視覚へ刺激を与える事でゾワゾワとした感覚を与えるコンテンツカテゴリーの一つみたいですね。ちなみに何故子供にオススメし辛いコンテンツなのかというと、無駄にエロいんですよこれが。

動画を見ていただければわかると思うのですが、こんなの子供に見せたらいけない気しかしないですわ…。

ちなみにこの動画果てしなく耳を弄られる動画となっているのですが、どうもエロさを感じてしまう。だけどYoutube上でのコンテンツ年齢制限は特にかかっていないです。そんな耳フェチに持ってこいのコンテンツな訳ですが、耳フェチじゃなくても何か変な感情が芽生えてしまう位の破壊力。こんなの第二次成長期の子供に見せたら一撃必殺ですよ。

という訳では、ASMR=エロいというイメージが私の中で確立されそうになったのですが、普通の動画もあります。

こちらは柴犬ちゃんがご飯を食べる時にASMR対応のマイクを使用して投稿されている動画ですね。ご飯をひたすら美味しそうに食べる柴犬ちゃんを音声がさらに助長をしてくれる事で更においしく食べているように感じます。

ちなみにこちらはキーボードの打鍵の音を拾っている動画。このカチャカチャ音は気持ち良いですわ。はたから見たら普通の事にしてるのに凄い魅力的な動画になる。凄いぞASMR!!

ASMRの動画ってどうやったらできるの?

さて、動画を見ていてASMRのマイクってどういったのが使われているのだろう?と気になって調べてみた結果、どうやらバイノーマルマイクというのがあれば大丈夫みたいです。

本格的なものだと5万円以上します。

 

ちなみにAmazonで調べたこちらのモデルだと更にステレオミニプラグ対応のICレコーダーが別途用意すれば録音できるみたいです。

そんなに高い金だせないよ‼︎という方であれば

TASCAM DR-05やRolandのCS-10EMのでも録音ができるみたいです。

 

どちらもおよそ1万円から2万円内で購入ができるので、比較的に安価でASMRを録る事ができます。ちなみに録音の手間等を考えるとTASCAMのDR-05方が簡単そうですね。

こちらはTASCAM DR-05と上位モデルのDR40比較動画です。全然DR-05でも良さそうですね。

という事でYoutubeで話題のASMRについての記事でした。

それでは。