簡単こそ正義‼︎という事でシンプルで簡単なコードで構成されているオススメの曲を紹介していく

簡単こそ正義‼︎という事でシンプルで簡単なコードで構成されているオススメの曲を紹介していく

ロックンロールといえばスリーコードだろ‼︎という考えははるか昔のオールドロックにのみ通用する言葉だろ。なんて思っている人はいないだろうか?現代でもスリーコードとは言わずともシンプルなコード進行で格好良い曲って沢山あると思うんですよ。という事で今回は比較的シンプルでオススメの曲を調べてみる事にしました。

恐らく弾き語りなんかでもすぐにコピーできます。これからすぐにロックンロールが楽しめます。是非この記事を読んでいって欲しい。

透明雑誌 – 性的地獄

Number Girlに影響を受けて、台湾で活躍をしていたバンド、透明雑誌(とうめいまがじん)の性的地獄はジャキジャキのギターでスリーコードをただひたすらにかき鳴らす実にロックな曲となっております。

ちなみにコード進行は1capoでAm7/Bm7/Emで基本構成されております。

たまに違うコードが入るので厳密にはスリーコードではないのだけど細かい事は気にするな。

 

The ピーズ – グライダー

こちらも凄くシンプルなコード進行、基本のコード進行はD/E/A/Bといった感じでたまにF/Gが入るとコード進行です。

まるで楽器を初めて数ヶ月の高校生が作ったようなコード進行ですが、それがまた良い。こちらは曲構成もシンプルなのでコピーがしやすいですね。

 

Lucie,Too – Lucky

以前にも記事で紹介したLucie,TooのLucky.こちらもコード進行は非常にシンプルです。

 

 

コード進行は2capoでDm/G/C/Amだけです。すっごいシンプル‼︎初心者ガールズバンド はとりあえずこれコピーしとけって言いたい位のシンプルで簡単な曲となっております。

ちなみに個人的にはDmがこの曲の中で良い味出しているなって勝手に思っている。

椎名林檎 – 丸の内サディスティック

椎名林檎といわれると難しい印象を持たれがちだけど、丸の内サディスティックは比較的簡単だと思います。個人的にはスピッツやMr. Childrenをコピーするよりかは遥かに簡単なイメージ。コードも一見みるとややこしそうですが基本進行はコード4つで運指もそんなに動かないのでやさしい曲となっております。椎名林檎コピーしたかったらとりあえず丸の内サディスティックをコピーしておけば良いと思う。

 

Radiohead – Creep

洋楽にチャレンジをしたと思うならRadioheadのCreepはオススメです。

基本コードの進行はG/B/C/Cmと言った感じ。洋楽も弾ける俺かっこいいだろ‼︎を見せつけたかったらこの曲は最高だし、本当にRadiohead最高ですわ。多くのアーティストにカバーもされているので知名度も比較的他の洋楽に比べてあると思いますし。

 

いった事で今回は簡単でシンプルな構成の曲についての記事でした。

ギターがうまく弾けないという方や楽器のモチベーションが下がっている方に参考になればと思います。

それでは。