【レビュー】1,000円台で購入できるAnker SoundBuds Verveをおすすめしたい‼

【レビュー】1,000円台で購入できるAnker SoundBuds Verveをおすすめしたい‼

以前に利用していたイヤホンが壊れてしまったので、新しくAnkerのイヤホンを購入しました。

そんな事で今回は新たに購入したAnker SoundBuds Verveのレビュー記事を書きたいと思います。結論から言うと1,000円台で購入できるイヤホンでは相当オススメです。

Anker SoundBuds Verveのメリット

ということで今回は私が購入したAnker SoundBuds Verveですが、記事を書いている段階では約1,300円と非常に安価なイヤホンとなっています。(私はマイク非対応モデルを購入したけど、マイク対応モデルは約1,500円位)

使ってみてわかったメリットとしては

・音質が価格の割に良い

・耳にしっかりとフィットする

・コードが絡まりづらい

といった所ですね。

まず、先にお伝えしたいのが音質が価格から考えて抜群に良いです‼Anker凄えええ‼って思うくらいにビックリしました。個人的な感覚としては同じ価格帯より安価で購入できる機種ではありますが、Panasonic RP-HJE150よりも音は良いと思います。

 

音質の良さは過去に自分が利用したイヤホンと比較すると、SonyのXBA-C10が近いと思います。(こちらは大体4,000円程で購入可)

 

ただし、音の特徴としてはSonyのXBA-C10はフラットで引き締まった音を出してくれますが、AnkerのSoundBuds Verveはややフラットな音に少し低音が足されていて、音に広がりがある印象です。個人的には凄く気にいっていますが、人によっては若干違和感があるかもしません。(個人的にはこの広がりのある感覚が聴いていて楽しい)

イヤホンコードも絡まりづらく違和感はありませんね。絡まり辛い設計になっているみたいですが、個人的には可も不可もなくといった感じです。フィット感はカナル型が好きな方であれば問題はないと思います。フィット感は高いので周りの音をしっかりと遮断してくれますし、電車の中でも楽しく聴くことができました。

Anker SoundBuds Verveのデメリット

デメリットは正直それほどないのですが、一つ挙げるとしたら

・デザインはあまり良くない

これに限りますね…。

カラーバリエーションはなく、イヤホンのコードは銅線の様な色合いなので結構無骨かな…。という印象です。あとはイヤホンのシェル部分に「ANKER」の印字がされているのが個人的に好きじゃないです。(ANKERが安く購入できるブランドイメージが強いため…)

ただし、シェル部分の印字なんてほとんど目に入らないかなとも思うので、気にしなくても良いような気もしています。

まとめ

という事でANKER Soundbuds Verveですが、予算1,000円台で良質なイヤホンを探しているという方には非常におすすめしたいです。壊れても財布にそれほど被害はないですし、音質は本当に価格を考えると素晴らしいと思う。

ただし、予算をもう少し上げられて3,000円台であればPhilipsのSHE9720もおすすめ。こちらはもっと音が引き締まっていて、カラーバリエーションも豊富です。

 

 

ということでANKERのSoundbuds Verveのレビュー記事でした。

 

それでは。